経営レポート

平成25年2月現在

介護職員処遇改善加算は適切に処理できていますか?

介護職員の処遇改善として平成21年10月から実施されていた介護職員処遇改善交付金は、平成24年度介護報酬改定において、介護報酬に組み込まれ「介護職員処遇改善加算」としてスタートしました。交付金時代には受給額と比較して支給額が少ないときは返還すれば済みましたが、加算となった今は介護保険の不正受給となり全額返還を求められる可能性があります。そうならないためにも適切に処遇改善処理ができているか、確認してみましょう!

※「介護職員処遇改善計画書」をお手元に置いてご確認ください。
  • ● 法定福利費の計算方法が分からない。
  • ● 実績報告の書類作成が面倒だ。
  • ● きちんとできているかチェックしてほしい。
  • ● 記録の残し方が分からない。
  • ● 就業規則・賃金規定を見直したい。 など
  • 分からない点や不安がある場合は、合同経営にご相談ください。

ページトップへ

経営レポート MANAGEMENT REPORT

公開講座のお知らせ

セミナー動画

ダウンロードサービス

ダウンロードサービス

登録はこちら

WEB勤怠システム

メディア掲載

介護事業所の経営と労務管理

  • 安心のサービスをご提供いたします 香川県ケアマネジメントセンター
  • 合同経営労務協会労働保険事務組合
  • 良さんの釣り日記

ジョブ・カード情報