経営レポート

あなたの会社の資金繰りは大丈夫ですか?

自社の資金の流れを把握しておくことは、経営の業績を知るためにも、経営を継続させていくためにも重要であり、また財務体質の分析や問題点を見つけることにも役立ちます。資金とはどのようなものかを理解し、資金繰り表を作成することで、より良い経営、財務体質改善に利用しましょう。

資金繰り表の意味

1.資金とは
資金繰り表を作成する際に必要となる『資金』の意味をまずは理解しておく必要があります。
資金とは即時に支払手段に充てることができる現金、預金などを指します。
具体的には売上代金の回収や仕入代金や経費の支払いに充てるための現金や預金口座のことです。ですから定期預金や貯蓄性保険や有価証券などは即時に換金できないことが多いため『資金』には含めません。
2.資金繰り表とは
この資金の流れを過去・現在・未来の時系列で追いかけて把握していくために作成するものが資金繰り表になります。
3.作成の目的
資金繰り表の作成の最大の目的は資金ショートを未然に防ぐというものです。「資金がショートする=資金繰りに行き詰まる」と会社の存続はもはやあり得ません。この事態を防ぐために資金繰り表の作成は大変重要になります。

資金繰り表の作り方Ⅰ

資金繰り表の要素
これらの収入と支出は代表的なものであり、これら以外にも会社ごとに多くの収入・支出項目があるはずですので、自分の会社の収入と支出の項目を過去の帳簿や将来の事業計画から拾い出すようにしましょう。

資金金繰り表の作り方Ⅱ

1.売上金の回収金額(収入)の予測の注意点
・売上予測は控えめにたてる。
・売上予測はその都度臨機応変に見直しも必要。
以上の2点に注意しないと予測と実際の収入の乖離によっては資金繰りが大変苦しくなります。
2.支出の予測の注意点
・売上予測と整合性のとれた仕入費用や外注費などの支出予測をたてる。
・人件費には毎月の給与だけでなく従業員の社会保険料の支払いも考慮すること。
・税金の支払い(法人税、消費税、源泉所得税等)にも留意すること。
3.毎月の収支差額
上記の内容をヒントにしながら毎月の収支差額と現預金残高を計算します。月末の資金がマイナスになるようであれば、収入の増加策を考えたり支出額の削減策を考えて資金繰りが行き詰らないようにします。

実際の資金繰り表の作成

合同経営のホームページ
実際の資金繰り表を作成するためのフォームをダウンロードできます。
ダウンロード手順
①左メニューの『ダウンロードサービス』をクリックする。
②下記ID、パスワードを入力する。
③『書式ダウンロード』をクリックする。
④「経営分析関係」の中の『資金繰り表』をクリックする。
ID:godo パスワード:5555

資金繰り表作成注意点

  • 左記表は「6ヶ月用」の資金繰り表の例です。
    ここでは9月と10月の2ヶ月分を抜粋しました。
    次の手順で入力をします。
  • 常に、資金繰りが悪化しない方向に会社の経営計画を策定し、実施していくようにしなければなりません。
    「ダウンロード資金繰り表」の中には「1年用」も用意しています。「1年用」はまず直前3ヶ月の実績値を入力するところから始めます。直前の実績値及び経営計画を参考にして1年間の予定を入力していきます。
    このときにも、期中の会社の経営状態をみながら臨機応変に予定の見直しも行っていくとよいでしょう。
    資金繰りの良い会社は経常収支が常にプラスであり、将来に向けて投資を行うことで、さらに新たな資金を生み出すことができます。ただし経常収支がプラスでも借入金が多額にあるとその返済のために財源が使われ、将来の投資につながらなくなる可能性もあるため注意しましょう。

ページトップへ

経営レポート MANAGEMENT REPORT

  • 社会保険労務士法人合同経営 横浜オフィス
  • 行政書士法人合同経営 名古屋オフィス

香川給与計算センター

障害年金の取得をトータルサポート かがわ障害年金相談センター

行政書士が心を込めて対応します かがわ遺言・相続センター

公開講座のお知らせ

セミナー動画

ダウンロードサービス

ダウンロードサービス

登録はこちら

WEB勤怠システム

メディア掲載

介護事業所の経営と労務管理

  • 安心のサービスをご提供いたします 香川県ケアマネジメントセンター
  • 合同経営労務協会労働保険事務組合
  • 良さんの釣り日記

ジョブ・カード情報