コラム

年末に。。 (10.12.28)

  2010年が終わろうとしています。色々失敗はしたけれど、仕事も家事も頑張ったし気持ちのいい新年を迎えようとしていた先週、車の運転中に後ろから追突されてしまいました。首や腰は痛いし、車は大修理。相手の保険が全部出してくれるものの気分が滅入ります。

 しかも我が家の受験生の成績が一向に上がらず、本人のやる気もまったく見られず、これもまた頭を抱える原因になっています。

 2011年は、寒い前半を乗り切って、親子共々笑って春を迎えていい年にしたいです。

(是松 郁子)

サンタクロース (10.12.27)

 我が家にも、サンタがやってきました。

25日の朝、目覚めた娘は、プレゼントを見ても???。寝ぼけてるのか?と思い、「サンタさんが来てくれてるよ!」と言っても???。プレゼントには、全く関心がない様子でした。予想もしていない行動でした。サンタが見ていたら、泣いていたのでは・・・と、思うくらいです。なんとか、プレゼントを開けて、楽しく遊んでくれたので、良かったです。

 お友達に、「サンタさんから、何もらった?」と、聞かれると、「お皿!」聞いた友達も、そのお母さん達も「・・・。」私も「・・・。」でした。確かに、保育所に来たサンタさんには、お皿もらったけど・・・。子供からすると、直接サンタさんがプレゼントしてくれたものが、一番印象が強いのですね。そう考えると、朝の行動も理解できるような気がしました。

 来年は、枕元にプレゼントを置いてくれるサンタさんも喜んでくれたらいいのにな。

(長谷 由紀)

騙しの見本、財源消費税論 (10.12.24)

国と地方を合わせた法人実行税率を5%下げる。そのため、今30%の法人税率(国)を25・5%に下げる。これは、16日に閣議決定した<平成23年度税制改正大綱>の一節だ。  

 振り返れば、法人税率は89年に2%下げ40%に。90年に2・5%下げ37・5%に。98年に3%さげ34・5%に。99年に4・5%下げ30%に。その結果、法人3税の減収は、20年間で182兆円。これは消費税21年間213兆円の85%に相当する。

 恒常的な財源が無い法人税率の引き下げは、今まで以上に消費税に依存して行くことを意味している。21年前の消費税導入時も、今も「社会福祉」のための財源としてと、マスコミまでが喧伝している。この「騙し・ダマシ」の<見本>を何時までするのであろうか。

   ( 乃口 健一 )  

最近。 (10.12.22)

  最近、釣行回数が減っています。

  理由としては、

  ①寒い(寒がりではないんですが)

  ②眠い

  ③冷凍庫に一夜干しにした魚のストックがたくさんある

  等です。

  ①・②はともかく、冷凍庫の魚は早く食べておかないと・・・次のが入りません。

  年明けには新しい竿を買うつもりです。来年は数は釣れなくてもいいので、美味しい魚が釣りたいです。

  (松澤 貴哉)

感謝をこめて (10.12.21)

 転勤で香川県に来たのは8年前でした。                                              主人の赴任先の仙台から飛行機で大阪伊丹空港まで8ヶ月の娘を連れて移動し、富田林で車をうけとり、徳島のかんぽの宿で一泊して、鳴門大橋を渡ってはるばるやってきました。
 はじめて見た瀬戸内海の美しさには本当に感動しました。すっかり讃岐うどんにはまり、今では週一回はうどんを食べなくては物足りないくらいです。5年前には、早明浦ダムの渇水も経験しました。
 なにより、合同経営で地元の方々と深くかかわりながら仕事をさせていただいたことが一番の思い出です。縁もゆかりもない場所で楽しく過ごせたのも、人との触れ合いがあったからです。                       もう少しで香川県を離れ、また新たな地で新生活をスタートさせます。
またいい出会いがあればいいなぁと期待しつつ、しばらくは香川県が恋しくなってしまうかもしれません。   I want to send you my full feelings of thanks★  (小森 鹿乃子)

サンタさん (10.12.20)

 昨日は子供のクリスマスプレゼントを購入するために、おもちゃ屋さんに行きました。開店して割とすぐぐらいにいきましたが、あっという間に人、人、人で溢れて、しかもなかなかどれにするのか決まらずに2時間近くを費やして、やっと購入できました。

 まだ我が家の息子は2歳なので、これがほしいとか言うことはないので、親がほしいものを買うことにはなりました。普段の彼の様子から、またおもちゃ屋さんで夢中になる様子を観察して購入しました。息子には「サンタさんがクリスマスにおうちに持ってきてくれるよ!」と何度も言ってあります。

 保育園でもクリスマスにちなんだ絵本を最近もらってきて、「サンタさんおうちにくるかな??」とよく言うようになったので、必ず「いい子にしてたらおうちにもくるよ」と常套句で答えています。「わかった!!」と返事はとてもいいのですが、どこまでわかってくれているのやら・・・。

 25日の朝目覚めたときに、とても興奮して喜ぶ姿を思い浮かべて、親はサンタさんになりきります。

サンタさんが持ってきてくれたと後何年信じてくれるかはわかりませんが、できるだけ夢を壊さないように長く信じてもらえたらなと思います。

(藤本 恭子)

 

もういくつ寝ると... (10.12.17)

 あっという間に12月になり、あと少しで2010年が終ってしまいますね。今年は何をしたのだろうか...会社では引越しという大きな変化があったのだが、個人的にはあまり変化のない1年だったのかなぁと思います。来年は少し変化がある年にしたいなと思い、手帳を新調しました。陰山手帳と言って"ビジネスと生活を100%楽しめる!"らしい。2011年に期待しつつ...年末調整頑張ろう。

(岡野 里恵)

農業体験 (10.12.16)

 先日、祖母の畑にカナダ人の友達を連れて行った。祖母の指導の元、ダイコンを抜いたり、さといもを掘ったりとなかなか楽しい体験をした。カナダ人の友達も長靴・軍手・一輪車と農家の出で立ちで楽しそうだった。日本の野菜の種類の多さに驚いていた。祖母は無農薬でいろいろな野菜を作っているため、草むしりや虫とりなど毎日畑に出ている。祖母は楽しんで農業をしている為全く苦にならないようだ。

 年末までにもう一回はいも掘りの手伝いに行きたいと思っている。

(近藤 麻美)

 

 

タイムスリップ (10.12.15)

 先月、高校時代の友人と食事をしました。自分を含め計5名でしたが、うち2名は20年ぶりの再会でした。

 20年ぶりに会う友人とは高校以来ということで、会う前はかなりドキドキしましたが、会えば20年前にタイムスリップ!! 話ははずむし、よく笑ったし、本当に楽しく過ごせました。

 まったく変わらない気持ちで話せたことにお互い喜びを感じましたが、変わらずに話せた要因のひとつに、5人ともが高校時代と髪型がまったく変わっていないことに気がつき、これまたみんなで大笑い。

 私にしても、ショートカットやボブカットなど、いろんな髪型にしていたのですが、高校を卒業した20年後には高校時代と変わらない髪型に戻っていました。

 さらに20年後にはどんな髪型になっているか分かりませんが、せっかく再会した友人とは20年とは言わず定期的に会おうと約束したので、また会って時にはタイムスリップしたいと思います。

(福原 智子)

 

幼馴染み (10.12.14)

 私には、保育所に通っていた頃からの幼馴染みの友人が4人います。小学校3年生からは水泳部に所属し、中学を卒業するまでいつも一緒にいた仲間です。

 しかし、お互いに家庭や子供の事が精いっぱいで、皆で会えるのは1年に1回か2回です。そんな友人の一人から今日、こんなメールが来ました。

 「新年会しませんか?皆40歳になった記念に、女子会しましょう!」

 なんだか凄く嬉しかったです。久しぶりに会っても、毎日会っていたような感じで、昔話や今の話に話題には尽きません。そんな幼馴染みからのお誘いメールは、私にとってとても大事な居場所のような感じがしました。

 私も入れて5人中1人だけが、神戸に住んでいます。その1人が帰省する時が、皆が集まる機会となります。あと10年と少しで半世紀の付き合いとなる、私の幼馴染み。これからもお互いに励ましあいながら、いつまでも友達でいたいと思っています。

(石川美輪子)

[1] [2]
ページトップへ