コラム

夏の終わり (16.8.31)

まだまだ暑さが残りつつも 朝夕には涼しさも感じるようになってきた。

あんなに五月蝿く鳴いてた蝉もいつの間にか鳴かなくなり

もうすぐ秋の虫の音も聞こえてきそうだ。自然界は季節通りに巡っているんだな。。

 

8月の最終日・・・・ 否が応にも夏の終わりを強く実感させられるフレーズのひとつ。

子供の頃には 終わってない宿題に焦っていた日でもある。懐かしい。

年齢的には充分に大人になった 今でも つい 後で、後で、と

後まわしにする性格は改善されてないようで恥ずかしい限りだが

夏の終わりを心身ともにバテることなく乗り越えたいと思う。

充実した秋を過ごすためにも・・・・ みなさまもご自愛くださいませ。

(香川)

(16.8.30)

  今年の夏は暑い!というか晴れの日が多く雨の日がほとんどない。お祭りや花火大会等イベントが多い季節なので雨の心配をせずに楽しめるのはいい。が、しかし雨が少ないということは、水不足になるということである。水不足が続くと私達の日常生活にも大きく影響がでる。香川ではよく水不足だという話を聞くが、私の記憶の中で一番の水不足だった年は22年くらい前の夏だったように思う。その夏は雨の日が少なく、水不足状態が続き、給水制限、夜間断水と水が出る時間が制限され、水が出る時間にお風呂やタンクに水を溜めたりして日常生活を送った。
そんな制限された生活の中で、常に水が出ることのありがたさを感じたものである。
 あの夏を思い出しながら、定期的な雨が降ることを願う夏である。
(日詰)

奇遇 (16.8.29)

 その車は真っ赤だからすぐ気づく。おっ!来たっ!と。通勤の途中よくすれ違う。自分の誕生日の月日の数字の並びとその車のナンバーが同じなのだ。それに気づいたのはもうずいぶん前だ。その車の主は赤の他人だし、その車のナンバーが何に由来するのかも知る由もないのであるが、なんとなく親近感を抱く。
 そんなある日、その車とすれ違ってすぐ、また同じナンバーの車とすれ違った。そしてその日の帰り道、立ち寄ったとある店の駐車場で、わが娘の誕生日と同じナンバーの車を見つけた。奇遇やなぁ・・・と思いながら運転し、再び家路についてしばらくした頃、ふと前を走る車のナンバーに目をやると、自宅の番地と同じだった。おもわずにやりとしてしまった。暗くてよかった。何かが起こる前触れかもと思ったが、今のところ、これと言っていいことも悪いことも起こっていない。ただの偶然のようだ。奇遇やなぁ・・・。
(松本秀紀)

琥珀 (16.8.26)

 ゴールデンウィークに行った化石堀り。第2弾ということで、昆虫入り琥珀(こはく)を磨くというワークショップに参加しました。化石堀りに引き続き、これまた地味な作業です。

 自分の選んだ琥珀の中にいる昆虫が中心になるように、粗目のサンドペーパーで磨き、角を落としていきます。そして、次に先程のサンドペーパーよりも少し細かい目のサンドペーパーで磨き、更に、次に先程のサンドペーパーよりも少し細かい目のサンドペーパーで磨き・・・これが1時間以上、ひたすら続きます。すると、どうでしょう。向こう側が透けてみえそうな位に光沢のある琥珀になりました♪

 地味な作業ですが、この琥珀の中に入っている昆虫は、いつの時代のものなのか過去に思いを馳せながら、充実した時間を過ごしました。

(泉川)

十数年ぶりのライヴ (16.8.25)

 先日、十数年ぶりに開催されたライヴに参加してきました。開催されると知ってから「絶対に行きたい!」と思っていましたが、気合が伝わったのか、購入した2公演とも7列目という奇跡が起こりました。チケットを手にしたときは本当に体が震えました。そして、そんな奇跡が起きたため、十数年経ってファンが離れちゃったのかな?と心配しました。が、チケットは完売、急遽立見席も販売され、これも完売ということで「ファンは凄い!」と自分を棚に上げて感心しきりでした。

 ライヴ当日を向かえ、友人と「ついに今日だね!待ちに待ったけど、始まったら終わっちゃう~!!」と良く分からない気持ちを吐露しつつ、とても良い公演を楽しむ事が出来ました。次も十数年後とかは嫌だなぁと思いつつ、それでも開催されたら行くんだろうなと思います。ファンって凄いです(笑)。

(黒嶋)

焼肉 (16.8.24)

 先日、友人から高松駅前に焼肉屋がオープンしたと聞きました。香川県では、知られている焼肉屋さんです。早速、予約の電話をしました。ですが、「予約でいっぱい」とのこと。後日、改めてリベンジ!でも駄目でした。友人も、何回かしてくれましたが撃沈・・・

 夏には、「辛いもの」が欲しくなりますが、「夏=ビール=焼肉」という方程式も捨てがたいです。とりあえず、違うお店に行きましたが、またリベンジしたいと思っています。

(長谷)

ホットヨーガ体験 (16.8.24)

 友人に誘われて初めてホットヨーガというものに行きました。

 私が行ったところは岩盤浴の岩盤の上で行うヨーガで、通常の常温で行うヨーガよりも気温39度、湿度80%と高温多湿で行うため、筋肉の伸びが良いとか多量の汗をかくため新陳代謝の改善やストレス解消に役立つと言われているそうです。

 レッスン時間は1時間もあったのですが、初めてで慣れていないのでヨーガのポーズにもついていけず、サウナ状態にも耐え切れず40分ほどで退出しました。

 40分でも十分に汗が出て、何となく体が軽くなったような気がしてすっきりした気分を味わえました。

 また機会があったら、レッスンに参加し少しずつ慣れていけたらいいなと思います。

(齋藤 美穂)

虫刺され。。 (16.8.22)

 今年の夏は、今まで生きてきた中で一番虫に刺された年でした。昔から、平熱が高めという理由からか、はたまた皮膚からアルコール臭が出ているのか(笑)、は不明ですが、蚊が寄ってくる体質で、私の周りにいる人はあまり刺されないという傾向にありました。

 でも、今年のは蚊ばかりではない。刺されたあとが大きく内出血になって、腫れあがり、打撲のような鈍痛があり、いつまでも痒い。しかも日を別にして数回刺されている。この「蚊ではない何者か」を突き止めるために、ネット検索【虫刺され 画像】で色々調べましたが、私と同じようなパターンはありませんでした。

 病院嫌いの私も、さすがに皮膚科・・・と思いましたが、いやいや、虫刺されぐらいやけんええやろ。とか自問自答しながら、結局受診もせず。腫れは1週間ほどで引きました。

 あ~良かった。なのですが大きなことを見落としていました。すぐに治さなかったばかりにポリポリと掻いた跡。。皮膚再生能力の落ちた今、死ぬまでにもとどおりになるかどうかわかりません。嗚呼。。

(是松 いくこ)

追い込みの週末 (16.8.19)

 今週末は子供の夏休みの宿題の追い込みのために予定を空けています。

昨年より夏休みが少し短くなって、8月25日から学校が始まるので今週末が勝負なのです。

算数や国語のプリントなどは7月中には終わらせましたが、大物の自由研究や絵、工作などは残っています。選択の宿題なので、自分のやりたいことを2つ選んでやればいいのですが、自由研究と習字を本人がすると言っているので、親も全面協力しなくてはいけません。

 自分が子供のころは、こんなに親に協力してもらったことはなかったので、ちょっと甘いかなとも思いますが・・・。きちんと提出物は出してほしいので、親もがんばります。

(藤本 恭子)

もう秋? (16.8.17)

 残暑が厳しいですね。仕事で外出が多く、クーラーに入ったり出たりで、久しぶりに夏バテ?といった感じになっているのは私だけでしょうか...?こんなにまだまだ夏な感じなのに、コンビニのパフェがぶどうになっていてびっくり、中に入ってみると、もう肉まんにおでんも置いてあって、心の中で゛え~っ!"と叫んでしまいました。こんなに暑いのに、季節は秋になっていってるんですね。気持ちも切り替ええなくては...。そろそろ友人からの゛ぶどういるんな?"っていう連絡が来るかな~楽しみです。
(岡野 里恵)
[1] [2] [3]
ページトップへ