コラム

(17.9.5)

少し涼しくなり、秋が近づいているような気がします。

二十四節気では白露にあたる時期のようです。

ついこの間まで朝晩も暑かったのに、早いものだと思いました。

ニュースで、香川県の今年の夏は例年よりも暑かったと言っていました。

暑さで外出するのもためらう日もありましたが、少しずつ涼しくなってきているので、外出しても過ごしやすくなりそうです。

筒口

ドラマ (17.9.4)

 今までで一番心に残るドラマは豊川悦司と常盤貴子の「愛していると言ってくれ」だ。

 地下鉄のホームのこちら側にいる彼と、向こう側にいる彼女。

 彼女が乗る電車がホームに入ってきた。

 呼び止めなければ二度と会えなくなるかもしれない。

 そして彼が彼女の名前を叫ぶ。力の限り、心の声で。

 このシーンが忘れられない。

 この前某TVで女優の多部美華子さんも好きだと言っていた。

 ちょっとうれしくなった。

 

 

 

                                                   敦子

防災の日 (17.9.1)

 今日は防災の日だ。

台風・高潮・地震などの災害に対する認識を深め、平時の備えについて確認する日となっている。

この日は地方自治体を中心に大地震を想定した大掛かりな訓練を行い、防災に対する人々の

意識高揚を図っている。

 30年以内に70%の確立で起こるといわれている南海トラフ巨大地震は東日本大震災の

10倍以上の被害をもたらすといわれており、自然災害の少ない香川県でも充分な注意が

必要だろう。

 災害に対する知識を高めることで被害を少なく出来ると思われ、これを機会に防災グッズ

等を用意しておきたい。

オーブンレンジ (17.8.31)

先日10年使用したオーブンレンジが壊れてしまい、新しく購入しました。

検討した結果、過熱水蒸気で焼くというものを購入することにしました。

大変優れていることに、いろいろなメニューが「焼く」、「蒸す」、「揚げる」、「炒める」などのボタンひとつで同時にできてしまうのです。たとえば、ハンバーグと付け合せの野菜、ゆでたまごまで一度に天板に並べて、「焼く」のボタンを押すだけで、時間設定もせずにきれいに焼くことができます。しかも過熱水蒸気を使用しているため、特に野菜は甘く、美味しく仕上がります。

複数のメニューが簡単に同時にできてしまうため、このオーブンレンジを購入してから3週間ほど経ちますが、ほとんどフライパンや鍋を使っていません。

本当にドラえもんの道具のようです。

すばらしい技術に感動し、毎日食事の支度をするのが楽しみになっています。

森本

 

高知 (17.8.30)

 春に高知にかつおのたたきを食べに行きました。続いて夏ということで

四万十の天然うなぎと川えびのから揚げを食べに行ってきました。丑の

日が近かったり夏バテということもあり混んでいました。待っただけ期待

はふくれあがりましたが、期待通りとっても美味しくいただきました。

 その後、仁淀川に立ち寄りました。「仁淀ブルー」と雑誌などで取り上げ

られていますが、本当に綺麗で子供たちもカヌーに乗りのんびり川を下って

満喫していました。川岸で眺めながらちょっとした幸せを感じました。

(六車)

宿題もネットで買える時代 (17.8.29)

もうすぐ8月も終わり、すなわち夏休みも終わることになる。
最近は事前に登校日に宿題を提出することになっているようで、8月31日の夜に泣きながら宿題をやることはないらしく、我が家の子供たちはそうだ。

ただ全国にはかつての自分のように、ぎりぎりになって必死にやっている子供達がいるようだ。
そんな子供達(親達?)のためにインターネットでは夏休みの宿題用の感想文や工作などを販売しているようだ。
それもかなりの数...。。
中には人気のあるものもあるようで、販売後即完売の宿題もあるようだ。

このような状況が良いか悪いかは別にして、夏休みに宿題も出す必要はそもそもあるのか?という声もあるようだ。出すにしても何か一つぐらいにしてみてはどうかという意見もあるようで、自分も賛成派である。
夏休みという時間が多くある状況は子供達が自分で何をしたいか考え、それに取り組む時間を得られる休みでもある。
あまりやる意味のない宿題を出すぐらいなら、子供たちに自分で考えてやりたいものをやらせるような時間を確保できるよう工夫してもいいのではないかと感じた。
いずれはそうなってほしいと願うばかりである。
                                                            (尾原)

懐かしの女木島 (17.8.28)

 思いつきで、帰省の長男家族と共に女木島に行った。
何十年振りだろう・・・

ネットで観光地を調べていたら、桃太郎の鬼退治に子供達が飛びついた。
即日決行!

船は座れる席も無かったが、わずか20分程度の船旅は、小さな子供達にも楽しめたようだった。

思い出すのは、亡き主人も含む昔の会社の同僚たちと一緒に楽しんだキャンプだ。
民宿に泊まり、外でのBQや釣り、花火、勿論海水浴、楽しかった事しか覚えていない。

当時、桃太郎伝説の事など頭に無かったのか、洞窟には入った記憶がない。

そんな昔の事を話しながら洞窟まで歩いて行った。
息子は私たち夫婦の懐かしい話を嬉しそうに聞いていた。

何十年も前の事なのに、幸せだった事は忘れていない。

こうして又息子家族と一緒に楽しめたことが、最高に幸せな一日になった。

小さな子供達にもおすそ分け!

(大山)



夏の終わり (17.8.25)

高松市内の学校は 今日から2学期とのこと。

お盆に会った 小学生の甥っ子との話では まだ 読書感想文が出来てないと。

友達とは会いたいが 学校へ行くのは面倒だと・・・・

私も 夏休みの終わりに宿題に追われてた・・・・ タイプの人間である。

勉強嫌いの血は受け継がれているのか?? 少々心配になる会話であった。

目標や やりたいことを見つけて極めてもらいたいと思うばかり。

その想いは 私自身にも 言い聞かせておこう。今年の目標は?

夏が終われば 秋へと移り変わり今年の終わりも見えてくる。焦るばかりだ。

(香川)

お盆休み (17.8.24)

  先日のお盆休み、地元に帰省していた友人に数年ぶり会うことができました。友人は数年前、県外での仕事が決まったため地元香川を離れました。ここ数年はお互いのタイミングがあわず、本当に久しぶりに会うことができました。久々に会う友人でしたが会うと以前と変わらない雰囲気で、会っていない期間が嘘のようで話しがつきることなく、あっという間に時間が流れました。
会っていない期間の話をお互いにし、確実に時間は流れているのですが、懐かし気持ちになりました。
友人のおがげで、いいお盆休みを過ごすことができました☆ 
(日詰)

これ、おもしろいです。 (17.8.23)

 15歳の最年少棋士、藤井聡太四段がプロデビュー後、29連勝の大記録を達成したのは記憶に新しいところだ。まだ中学生だというのに、百戦錬磨の諸先輩方を相手に、あれほど沈着冷静な対局ができるとは、本当に感心する。
 それに影響されて、これまで将棋の経験はまったくないのだが、将棋への興味が沸いてきて、今、将棋アプリに少しはまっている。入門編で駒の動かし方から勉強し、基本の手筋の問題集などもあってこれがなかなかおもしろい。暇つぶしと脳トレを兼ねて始めたのだが、脳の活性化にはかなり効果が期待できそうだ。
 とは言うものの、私の場合、夜、布団に入ってからやるものだから、難しい問題になると解けずにたいてい寝落ちしている。人間の脳は、布団に入って横になると沈静化するようにできているみたいです。
(松本秀紀)
ページトップへ